プロフィール

☆彡sakura

Author:☆彡sakura
旅好き!人間大好き

好奇心旺盛なsakura(桜)を
ヨロシク(#^-^)ノ




.。.・*┗┫┣┷* .。・:*:・゜、。・:*:・゜

エッセイ集『My桜』

(雅さくら著)

気に入って頂けたら "ρ('-'* )
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
淡々と百人一首
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    花の香りに誘われて

    ξ:D)| ̄|_ ...ン?


    先日、電車で移動中に見かけた親子の会話。

    父「今朝から何も食べて無いから、お腹が空いて仕方が無いよ」

    娘「……。」(淡々とゲームをする)

    父「今ならきっと丼二杯位は食べられるな!」

    娘「……。」(ちらっと外の景色を眺めつつ、淡々とゲームをする)

    父「あっ!帰りに王将でも寄って行こうか?」

    娘「やだ。。」(ひとこと言いつつ、ゲームを続ける)

    父「え~!王将だよ!王将!!」

    娘「やだ!!」(冷たくあしらい、ゲームを続ける)

    降車駅に降りていった親子。
    「王将に行きたい!」というお父さんのささやかな願いは叶ったのだろうか…。

    イマドキの家庭事情を、垣間見た気がした。


    餃子は好きな物のひとつ。
    自宅でも作るが、勉強の為(?)外食で餃子を選ぶ機会も多い。

    先日立ち寄ったお店。

    熊谷の満州

    『ぎょうざの満州』

    王将のような、真っ赤な看板。
    どちらが先か定かでは無いが、中国料理と言えば「赤い看板」が定番スタイル。
    こちらの売りは、具材全てが国産だということ。
    満州から引き上げてきた創業者の「もう一度、あの餃子が食べたい」という
    気持ちがお店のはじまり。

    「食べたい」という欲求が、仕事に繋がるのだからスバラシイ。
    やはり商才は存在するもの。
    国産に拘り、一皿(6個)210円という価格!
    味はそこそこだけど、値段を考えたら立派よね。

    熊谷の餃子  熊谷

    皇后美智子様のご実家である「正田醤油」を見かけると何故か嬉しい。

    『正田記念館』

    機会があれば訪れてみたいところ。

    さて、週末。
    行って来ました!『宝登山』へ。

    蠟梅の名所である宝登山
    昨年初めて訪れ、その美しさに圧倒され再来。

    電車を乗り継ぎゴトゴトと…。

    当日は快晴。車内はまるで温室のように暖かく、
    移り変わる景色を眺めながら感じるシアワセ。

    「う~ん。。コレが旅よね!」と、ひとり納得しつつ、お菓子を頬張る。

    いつもながら、小学生の遠足と大差無いのです。

    途中からローカル線に乗り換え。

    長瀞1

    ジャ~ン!!!

    どうよ!「ロウバイ号」。

    行きはこちらの電車だったけどね。

    長瀞2  長瀞3

    ホームもローカルで、売店に秩父鉄道グッズが売っていたり。
    テンション上がります!


    そんなこんなで到着ぅ~。

    長瀞4

    前回、到着が遅かったのを教訓に、今回は早めの到着。
    といっても予定より遅くなってしまった。。

    駅から徒歩で約15分程度。
    最後に登る坂道が、キツイ…。


    長瀞6

    昨年同様「もんきー号」での登頂。

    さてここで問題。

    もう1台ロープウェイがありますが、何という名前でしょうか?


    1)ぱんだ号

    2)ばんび号

    3)ごりら号



    昨年の記事を見ている方ならお分かりですね(笑)
    しょーも無い問題で恐縮ですが、暇つぶしに考えてみてください。


    長瀞9

    山頂からの景色。
    山の顔はそれぞれですね。
    所々の雪が、寒さを思わせます。

    長瀞26
     
    (手前は梅園、頂上付近奥が蝋梅園)

    来る途中、「蠟梅は見頃です」といった看板をいくつも見ましたが
    登頂してみると、こんな感じ。

    どうやら、西園の方が見頃のよう。(東と西があります)

    そう言えば、ロープウェイで下山してきた人から

    「騙されたよね…」

    との会話が聞こえてきましたが、そういう考えはどうかな?と思います。

    自然が、人間の思い通りに行く筈は無いのです。
    青空に恵まれただけでも、ラッキーなのに
    本当に身勝手な人間たち。

    長瀞10


    途中に咲いていたマンサクの花。

    長瀞11

    これは何だろう?
    小さな、蜂の巣のような形のものが沢山付いています。
    これから開花の様子。


    快晴であったものの、北風が冷たくビールを販売している売店も
    暇そうです。鼻歌まじりの作業。

    長瀞14

    咲いていました。蠟梅です!
    西園に近づくに連れて、ほんのりと蠟梅の香りが。

    長瀞25  

    長瀞15

    長瀞17


    お花には、青空が似合います。
    一生懸命、天を仰ぎながら撮影しますが良いものが撮れません。
    蠟梅にも種類があり、満月蠟梅が好きなのですが、
    あのまん丸とした愛らしい花を、表現したくともなかなか難しい。

    今年は、雨が少なかった事もあり開花が遅れているとか…。

    昨年のような満開の蠟梅は見られなかったけれど、お陰で楽しみを先延ばし!
    来月にもう一度、行くつもりです。

    下山するとお昼。

    長瀞28

    お豆腐メインの御膳です。
    デザートが付いていると、ポイント高し!


    駅に戻り、事前情報の『三十槌の氷柱』を観光協会で聞くも、バスの時間やら
    移動時間で、時間的に厳しい。どうしても時間のロスが出てしまいます。
    (Aさん、いつも有難うございます(^^))

    因みに『尾ノ内百景氷柱』というところもあるようです。
    こちらは、バスも無く、車でないと無理。。

    当初の予定通り、温泉へ行くことにしました。

    『満願の湯』

    決め手は、駅まで迎えに来てくれる事と露天風呂から満願滝が見えるところ。
    電話で予約し、バスまで行くと、すでに数人が乗車。
    出発時間に間に合わない方を待つこと数分…。

    通りがかりの、下山してきた他の夫婦。
    温泉行きのバスを見つけ、乗り込んで来るやいなや

    「あれ?○○さんじゃないですか!」

    「えっ?…あ~!!○○さん!!奇遇ですね~。」

    と後部席で盛り上がる声。

    どうやら職場の人達と、遭遇したようです。

    「いや~!本当に奇遇ですね」

    「バスに間に合わない方を待っていなければ、会えなかったわけで…」

    と、大盛り上がり。

    同じ東京で、同じ職場で働く人々が長瀞で出会う。

    「縁とは必然」

    と、感じる瞬間でした。


    続く…。





    ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ Michael Forever .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


    Janet Jackson and her brothers.



    スポンサーサイト

    タグ: 宝登山 蠟梅 長瀞

    コメント

    こんにちは

    sakuraさんは若いのでご存知ないと思いますが
    昔一杯の蕎麦という話が実話として広まったことがありました、
    実際には作り話だったけどみんな大感動、餃子の話でそれを思いだしました。

    餃子の満州なる店があるんだ
    3割うまいとは面白いキャッチコピーですこちらには王将があるけどここは見かけません。

    蝋梅の名所があるんですね、今は満開でしょう。

    Re: はっちゃんさん

    こんばんは!いつも早々にコメントを有難うございます(^^)
    『一杯のかけそば』を検索してみました。作者が各地を口演して周り、広まったようですね。
    創業者の満州での生活が、どんなものだったのか想像もつきませんが、
    餃子には良い思い出があったのでしょうね。
    初めて王将に行った時も安くて驚きましたが、こちらも同額でした。
    埼玉近郊にあるようです。

    お近くで蠟梅が見られる所はありますか?
    庭があれば、蠟梅を植えたいと思うくらい良い香りですね。


    No title

    ろうばい園は、香りがよくてよいですよね。

    宝登山の最初の何も咲いてない写真のあたりは、ろうばい園ではなくて
    梅百花園だと思います。梅はロウバイより後なので、あと2~3週間
    ぐらいかかりそうですね。

    蜂の巣のようなものはミツマタです。これから蜂の巣がもっと成長して
    くると、その姿もはっきり分かるようになります。マンサクはおいらが
    訪れたときも、きれいに咲いていました。

    満願の湯はおいらも行く候補にはあがっていたので、
    今度はぜひ訪れてみたいです。

    Re: あまえび!さん

    こんにちは!
    昨年、情報を頂いてから蠟梅の虜になりました(笑)
    いつも有難うございます(^^)
    冬の楽しみといったら先ず、蠟梅ですね~。

    そうそう(汗)誤解を招くような写真で申し訳ありません。
    昨年訪れた時は、雪だったものの梅園も蝋梅園も満開で
    ロープウェイを降りたあたりから、香りを感じられるほどでした。
    西園の方は満開でした!
    山のガイドさんが仰っていましたが、今年は寒い上に雨が少なく花つきも
    良く無いそうです。気象条件に影響される自然相手なので仕方がありませんね。
    毎年違うから面白いとも言えます。

    あ~!これがミツマタというものですか。
    蜂の巣がもっと大きくなるのですか?不思議な花ですね。
    そういえばドライフラワーで見たことがあります。

    満願の湯は次回記事の予定ですが、大盛況で洗い場で待つほど。
    まさに芋洗い状態でした(^_^;)
    3月の秩父も楽しみです!

    No title

    蠟梅、知らなかったのですが、
    ヤフーで検索したら、なんと、いつも行く
    グリーンパークのある場所にあるということ。
    1月31日にマンゲツロウバイが咲いて
    訪れる人の目を楽しませたそうですが、
    いつも、この時期は寒くてあまり行かず、
    どこにあるのか簡単にしか紹介されていませんでした。

    美味しいものを食べて、運動して、花をや自然を楽しんで
    温泉につかる!最高ですね~(^^)!

    こちらもようやく春の匂いを感じた一日でした。

    Re: omiさん

    こんにちは!
    お花をご存知の男性はさほど多く無いので、ご存知無くて当然だと思います。
    意外とお近くに咲いていたのですね!
    寒い季節でも、何かしら楽しみはあるものです。
    先日、雪国へ行ったのですが、吹雪いてさえいなければ東京よりも
    暖かいと感じました。
    雪もパウダースノーですと、濡れないですしね。
    雪かきは大変そうですけど…。

    自然とともに、生きられたら最高ですね。
    春の足音が感じられる、此の頃。
    待ち遠しいですね!

    こんにちは。

    親子のありがちな会話ですね^^
    お父さんが可哀想な気がしますが、電車の中でそういう会話をするのが恥ずかしい年頃なのかも知れませんね^^
    蝋梅見に行かれたんですね! まだ少し早かったようですが
    お写真では綺麗に咲いているように見えます。
    私は少し早いくらいの花は初々しくて好きです。
    蜂の巣のような花はひょっとしたらミツマタかも知れません。
    お豆腐メインのお食事美味しそうです、デザートは嬉しいですよね!






    Re: taeさん

    こんにちは!
    娘と父親の間柄は、難しいようですね。
    家族の為に頑張っているお父さんの事を、お母さんが言い聞かせてあげないと
    なかなか分からないかも知れませんね。sakuraは父が大好きでしたので
    こんな娘さんの行動が良く分かりません(^_^;)

    この場所の蠟梅は、見頃でした。
    二千本もの蠟梅が一斉に咲くのも見事なものですが、時期をずらして
    咲いてくれれば、長く楽しめますものね。
    花の香りは癒し効果抜群です!

    お花の名前を教えて下さり有難うございました!
    仰るとおり、ミツマタのようです。
    ミツマタは漢方薬にも使われるようですね。
    不思議な形をしています。

    水の綺麗な所は、お蕎麦やお豆腐、蒟蒻が美味しいですね!
    デザートはやっぱり嬉しいです。
    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。