プロフィール

☆彡sakura

Author:☆彡sakura
旅好き!人間大好き

好奇心旺盛なsakura(桜)を
ヨロシク(#^-^)ノ




.。.・*┗┫┣┷* .。・:*:・゜、。・:*:・゜

エッセイ集『My桜』

(雅さくら著)

気に入って頂けたら "ρ('-'* )
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
淡々と百人一首
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    嬉しい訪問者

    ひな祭り【屏Ф(・┏∀┓・)轡轡(*σ_σ*)Ф風】


    ♬ あかりをつけましょ!ぼんぼりに~ ♪

    今日は桃の節句ですが、ひな祭りの歌を聞いた子供達からは

    「ぼんぼりって何?」

    と質問されるのだろうなぁ…。


    言葉は生き物。
    童謡には、今や使われない言葉が沢山含まれています。
    また、日本語学習者向けにも、教材として使われるとか…。

    とするなら、外国人の方が日本語に詳しかったりする場合も。

    日本語学習レベル1に含まれる童謡として
    「花いちもんめ」が含まれています。

    先ず、「一匁」。

    これ、普通に分かりますか?


    「ええっと…確か…。日本の尺貫法における質量の単位であり、
    10匁・10銭は両に、160匁・160銭(例外あり)は斤に、1000匁は貫に等しい。」

    となるわけです。

    また、レベル6に至っては
    「ずいずいずっころばし」が含まれます。

    ♬ ずいずいずっころばし
    胡麻味噌 ずい ♪

    「ずいずい…。。」

    「胡麻味噌?……。」

    ♬ 茶壺に追われて
    トッピンシャン ♪

    「茶壷ねぇ…。」

    「トッピンシャン?トッピング??」

    と、都度止まってしまいそう。


    とはいえ、美しい日本語が息づく童謡。興味は尽きません。


    さて、偶然にもひな祭りの今日、嬉しい訪問者がありました。


    メジロ

    メジロちゃん!

    先日、ブロ友さんの所で「東京に居る鳥は雀ぐらいですよね~」
    などど書き込みをした矢先に、メジロちゃんの訪問で
    嬉しいやら、驚くやら…。

    東京にもメジロが居るのです!


    メジロちゃんが舞い込んで来るほどに、部屋の様子が森に近づいているのかな?
    なんて思ったり。

    先日買った桜の蕾もほんのり桜色。ベランダの春蘭も顔を出し…。

    桜切花  春蘭


    先日は毎年届く(友人から)ミモザの定期便!

    ミモザとラナンキュラス  ミモザとラナンキュラスと桜ワイン

    せっかくなので、桜のワインを並べてみました。


    「森の妖精」は…


    春を先取り!

    です。


    ※ 前回の続きは次回ということで(^_^;)



    ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ Michael Forever .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

    Jackson 5 - ABC (Full Version)

    スポンサーサイト

    タグ: 春蘭 ミモザ メジロ

    コメント

    こんばんは

    そう言えば何気なく聞いてる童謡意味がわからないのが
    ありますね、今の若い方には殆ど理解できないでしょう。
    日本の文化として残して行きたいです。

    メジロがきましたか、山に餌が少ないので街中の
    花の蜜を求めてきたんですね。

    Re: はっちゃんさん

    こんばんは!
    歌詞の意味など、普段気にしないと思いますが、ふと考えると
    分からない言葉が結構あったりしますね。
    言葉は生活に密着しているので、姿を消した物と同様に言葉も消えて行きます。
    仰るように、大切に残して行きたいですね。

    初めは雀かと思ったのですが、うぐいす色で目の縁が白かったので
    メジロと分かりました。
    「目白押し」という言葉がありますが、メジロから来ているのですよね。

    やはりそうなのでしょうね…。
    都心で見るのはカラスと雀くらいでしたが最近ではムクドリの増えて
    来ました。

    No title

    をを、メジロ!都会にもちゃんと顔を出していたのですね。
    メジロの色は、春を感じさせてくれますし、うれしい訪問者でしたね。
    桜の季節もこれから本番。いろんな桜が今年もきれいに花を
    咲かせてくれるのを楽しみに待ちたいと思ってます。

    こんばんは。

    ちょっとブログをおやすみしていました。
    日本の童謡っていいですよね、聴いていると心がうれしくなります。
    花いちもんめは人買いの歌と聞いたことがあります。
    大人が子供にキチンと教えてあげないと、子供たちが大人になっても次の世代に伝えてはくれませんよね。
    バレンタインやクリスマスもいいけど、日本ならではのものも大切にして欲しいです。
    もうすぐsakuraさんの季節ですね。桜の名所はお酒の香りと酔っぱらいがいるので敬遠しますが、桜は凄く好きです。アメリカのように公園へのアルコールの持ち込みは禁止して欲しいです。

    こんばんは☆

    sakuraさん、こんばんは☆
    いよいよ暖かくなってきましたね~♪
    だんだんと春の明るい雰囲気になっているのに、
    花粉症だけ辛い…その上、今ものもらいが出来てしまって、
    最悪です~(>_<)

    確かに昔から知っている童謡など、歌詞を考えてみると
    意味がわからないものも多いですよね。
    「あんたがたどこさ」とか「かごめかごめ」とか…
    外国の「マザーグース」もちんぷんかんぷん!
    それでいて言葉の音の流れとか、しっくりいっているので
    不思議…

    私、都心でけっこうメジロを見かけますよ!
    街路樹なんかにいたりします。
    かわいいですよね~。
    sakuraさんのところには、きっと春の挨拶にきたのだと
    思います。
    sakuraさんは妖精ですからね♪
    ミモザの明るい色も、ぱーっと春めいていて
    素敵ですね。

    おはようございます

    ぼんぼりに、一匁、トンピッシャン、
    日本人でさえわからないのに、外国人にはきつい。。
    でも、そんな所から日本の文化に入ってくる
    人もいるんでしょうね。
    どこだったか、お店に入ったら、隅田川の歌がかかっていて、
    好きな歌なので、少し感動しました。

    メジロちゃんですか~!びっくりですね(^^)
    こちらは実家の庭にホトトギスがやってきたということ。
    声を聞きたかったです。

    ミモザ、定期便ですか~。うれしいですね!
    桜、そちらはこちらよりも春の訪れが少し早いようですね!

    Re: あまえび!さん

    そうなんです!都会にも居たのですよ。もしや雀だと思っているのがメジロだったりしたのかも知れません。
    何せ、鳴き声はYouTubeでしか聞いたことがありませんからね。
    とても嬉しい訪問者でした。実を云いますと、鶯と勘違いをしていた時期もあります(汗)
    あまえび!さんのブログのお陰で熱海桜や河津桜等、春を先取りしています。
    有難うございます(^^))

    Re: asoboさん

    お仕事がお忙しいのでしょうか?適度に息抜きしながら乗り切ってくださいね。
    何となく耳に残る童謡もあります。子供の頃に何処かで聞いたからなのですが
    何処で聞いたのかは記憶に無くとも、耳に残る音楽は不思議ですね。

    そう。花いちもんめは貧しかった時代の歌です。
    現実とは対照的な軽快なリズムが一層、悲哀を感じさせます。

    子供達にきちんと伝えられる大人が居なくなったとも言えますね。
    戦後の日本は、物資は豊かになったものの文化的には間違いなく崩壊への道を
    辿っています。

    毎年やってくる短い春を今年も堪能出来たら良いと思っています。
    桜の下での花見はやめるべきですね!
    そう!セントラルパークのようにリスがやってくるような環境で有るべきと思います!

    Re: Misaさん

    Misaさん、その後、体調は如何でしょうか?
    春は嬉しいけれど、花粉症の人にとっては恐怖の季節でもありますね。
    ものもらいとは、また大変なことに…。
    大気汚染が益々深刻化していますからね。ホントにどうなってしまうのか不安ばかりがつのります。

    子供が歌詞について疑問を持つケースは殆ど無いかもしれませんが、
    大人になって改めて聞くと、意味を理解せずに歌っていた事に気付きます。
    面白い日本語も沢山含まれていたり、結構面白いものだとふと感じました。
    今でこそ、字余りの曲は沢山ありますが昔は無かったですものね。
    上手く作曲していると感心します。

    そっ…そーなんですか!?
    メジロは木陰に隠れているので、気づきませんでした。
    鳴き声もよく知りませんからね(汗)
    一瞬、雀かと思ったのですが色が違ったので
    「やった~!」という感じでした。
    都会に住んでくれて有難う!と思ったり…。
    小さなメジロさん一羽から、とっても大きな癒しを貰いました。
    そうですね~。
    しかも桃の節供に挨拶に来るなんて、さすが春の使者!


    Re: omiさん

    お元気でしたか?モノクロに包まれる季節もまもなく終わりますね。
    そう思うと少し寂しいような嬉しいような…。

    確かにそうですよね!
    仰る通り、異文化ゆえの面白さもあるのでハマる外国人も居ますしね。
    唱歌「花」はお好きですか?
    「はるの~うら~ら~の~すみだがわ~」で始まるので
    つい「隅田川」と言ってしまいますよね。
    川のように流れるメロディーが耳に優しいですし、
    作詞も瀧廉太郎さんですから、美しい日本語が使われていますね。
    隅田川の春を表現するには、「みずぬるむ」でも無く「のどか」でも無い。
    やっぱり「うららか」なのです。

    早くも春の使者がやってきました!
    ホトトギスがやってくるお庭も素敵です。
    鳥さん達も、自然豊かな所の方が良いに決まっています。
    鳥にはあまり詳しくなくて、メジロを鶯だと思っていた時期もあります(汗)
    鳴き声はもっぱらYouTubeです(笑)いつか実際に聞いてみたいですね。

    毎年3月8日のミモザの日に届けてくれるのですが、今年は早めの
    定期便でした。いつも気を使ってくれるので申し訳無いのですが
    彼女曰く、喜んでくれるので送り甲斐があるとのこと。
    桜も種類がありますので、早咲きのものは開花しましたよ!

    こんにちは~。

    童謡の歌詞も良く考えずに歌っていたのですが、
    よく意味を考えると分からないことが多いのですね!
    改めて色んな童謡を調べたくなります^^

    メジロが舞い込むなんて余程自然に近い状態だったんでしょうね!
    うちは大きなカメムシが舞い込みましたよ(笑)
    臭いがするのでそっと外に出してあげました。

    ミモザの花をいつも送ってくれるなんて素敵ですね!
    sakuraさんのお部屋は春がいっぱいですね♪


    Re: taeさん

    こんにちは!
    何気なく口ずさむ歌にも、意味が分からない事がありますね。
    気にして居なかったものに、気付くと面白いものです!
    日本の唱歌をこれからも大切にしたいですね。

    そうなんです。
    森の中に居るような空間作りがテーマなので、本物の鳥さんが
    来てくれたので本当に嬉しかったです!しかもメジロさんですからね~。
    カメムシですか?臭いのですね(汗)

    友人にはいつも感謝です。
    申し訳無いと思いつつ、甘えています。
    ミモザの香りに癒されていますよ。
    お花は良いですね!
    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。